明治11年の洪水

災害年月日
1878年09月03日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
風水害  
概要
明治11年(1878)9月3日、大雨により海部川で出水。水嵩が堤天よりも高くなり、吉野村の堰堤が大決壊。 また、9月20日にも再度出水し、吉野村字前川原堤防が大決壊。(「川東村史材料調査書」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 上巻」(海南町、1995年)、569頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 海部川 堤防決壊 川東村史材料調査書
NO.
徳島1773

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)7月8日、9日、大暴風雨により、田野で雨量362ミリ、風速36.4mとなり、奈半利川の出水のため、田野・奈半利の堤防が大決壊した... 続きを読む

文政8年の洪水

文政8年(1825)、石手川、内川が大決壊し、市坪村が流損し、余戸村の出合は海の如くになった。(「余土村誌」による) 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月23日~24日、吉野川(現旧吉野川)及び別宮川(現吉野川)より奥野村、徳命村、東中富村、本村、成瀬村、竹瀬村が浸水した。特に... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月10日ほか2回の暴風雨により、中山川、関屋川、高松川で出水し、決壊被害が大であった。田約2町5反、畑1町2反荒廃し、免租地とし... 続きを読む

貞享3年の洪水

貞享3年(1686)、洪水により長野村で再度災害を受けた。翌年に長野を現在の地に移転した。(「田野村誌」等による) 続きを読む