明治11年の洪水

災害年月日
1878年09月07日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町、羽ノ浦町)
災害種類
風水害  
概要
明治11年(1878)9月7日、那賀川の堤防が平島村から羽ノ浦村にかけて180m余決壊し、洪水となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、515-516頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 那賀川 堤防決壊
NO.
徳島2774

よく似た災害

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、大風雨により那賀川の堤防が羽ノ浦村で決壊し、洪水が発生した。 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月7日と18日、那賀川下流の平島村西原から羽ノ浦町古庄の堤防が決壊。 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月上旬の大洪水は、平島村西原から羽ノ浦町古庄の村境に至る120間余の堤防を決壊して、耕作物は跡形もなく、大京原の人家も流れた。... 続きを読む

明治6年10月の洪水

明治6年(1873)10月3日、吉野川、那賀川ともに洪水。羽ノ浦町妙見・岩脇間で堤防決壊、慶応2年寅の大水と同じ水位。板野郡では寅の水位が1尺低かった... 続きを読む

明治11年の洪水

image

明治11年(1878)9月8日、洪水により万代堤がおよそ100間余にわたって決壊した。(「趣味の郷土羽ノ浦町」による) 続きを読む