宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震。大潮入り来たりて、宍喰浦では溺死者11人、浦中の漁船・漁具・家屋・土蔵までも流失した。徳島城下では地裂け、人家倒れ、士族屋敷230戸、民家400余戸が倒壊した。(「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「宍喰浦旧記」等による)この節、大内治右衛門牟岐浦へ罷越、御用相勤居候処、津波一統人馬共流死の者多候処、一人山へ立退御役所並御用物津波に引かれ候の時可罷帰ご案内も不致随意に御用先より罷帰り候段不届に付永の御暇。(「牟岐町八幡神社の掛板」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
牟岐町八幡神社の掛板には宝永地震の記録がある。
原資料では10月14日となっているが、10月4日に修正した。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第4巻」(徳島県、1965年)、134頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 阿淡年表秘録 阿波志
NO.
徳島214

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、紀州沖大地震。大潮入り来たりて、宍喰浦では溺死者11人、浦中の漁船・漁具・家屋・土蔵までも流失した。徳島城下では地裂け... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。徳島県では、宍喰で11人が流死し、浅... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午後2時頃、大地震が発生し、奈半利では栃が上下左右に揺れ動き、翌朝までに11回の大津波が来襲し、立横町、西町にも大波が打... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日昼過ぎに大地震が起こり、「万変記」によると、当日から翌日にかけて11、2回の大津波が襲ったようである。羽根では正午頃俄に... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震、九州南東岸より伊豆まで津波。土佐では津波高20m余り、土佐西南部は所々陥没、南東部は隆起。(「理科年表」による)... 続きを読む