宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町、海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。宍喰浦旧記によると、10月4日巳下刻に大地震があり、人々が愛宕山に逃げ上っているところ、午の下刻に大汐が入り来たり、浦中の家蔵が流失し、男女11人が溺死し、浦中の漁船・漁具が残らず流失した。また、鞆浦大岩の碑文によると、津波が三度襲来したが、鞆浦では一人の死者も出なかったのは幸いである、地震の後にはあらかじめ津波が来ることを考えていれば避けることができるということが記されている。
Googleマップ
備考
宍喰の愛宕山は今も津波避難場所になっている。鞆浦大岩には宝永地震のことが記されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部郡誌刊行会編「海部郡誌」(海部郡誌刊行会、1927年)、26頁及び28-29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 宍喰浦旧記 愛宕山 死者 鞆浦大岩
NO.
徳島540

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が発生した。「宍喰浦旧記」には、巳下刻(午前10時30分頃)、大地震が発生し、人々があわてて愛宕山逃げ上ったところ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、その後津波が襲来した。宮地直知(入野)の「地震大潮記」によると、巳の上刻に大地震があり、達者な人でも歩... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、1時間ほどして津波が襲来した。宮地直知(入野)の「地震大潮記」によると、巳の上刻に大地震があり、達者な... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(14時頃)、猛烈な地震が起こった。亥の大変と言われている。地震後に大津波が来襲し、土佐の沿岸は大惨状を呈したと... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時)、大地震が起こり、その後津波が襲来した。浅川の観音庵前の「宝永ノ津波」碑には、高さ3丈余(約9m)の津波... 続きを読む