明治29年8月の台風

災害年月日
1896年08月30日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)8月30日の暴風雨で、阿讃山脈南斜面の降雨量は132ミリとなり、大谷川が氾濫、午前4時頃、現在の役場付近から南へ約540mの堤防が決壊、民家19戸が流失、1人が死亡、喜多橋・南橋が流失した。曽江谷川でも堤防87mが決壊、約1,000mが破損、堰堤72mが決壊、民家5戸が流失した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、672頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風雨 大谷川 堤防決壊 死者
NO.
徳島1947

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日朝、台風に伴う雨により、大谷川上流の北庄用水取水口付近で山崩れが起こり、大谷川がせき止められたが、午後8時頃に土砂が一斉... 続きを読む

明治29年9月の洪水

明治29年(1896)9月11日、大谷川で堤防120mが破れ、人家5戸が流失した。 続きを読む

寛政3年の台風

寛政3年(1791)8月20日、台風、洪水により、弦打村では飯田の東川原で堤防が60間決壊し、耕地5町歩と民家1戸が流失、3戸が浸水した。北部では徳栄... 続きを読む

文政9年の台風

文政9年(1826)秋、台風により、郷東の香西道の北堤防が50間決壊し、東新開の耕地2町歩、民家3戸流失、7戸が浸水した。また、海岸堤防は50間決壊し... 続きを読む

明治17年8月の洪水

明治17年(1884)8月26日、洪水により、石井町の堤防が破堤し、79戸が流失した。 続きを読む