昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月22日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月20日夜半から降り出した台風10号に伴う雨は、21日朝から強くなり、同日夜半まで続いた。21日午後3時20分、脇町と別所など30世帯130人に避難命令が出た。新町では2人が水深3mのところで孤立、脇町署員が船で救出した。穴吹橋北の国道付近も水深2~3mとなり、ガスボンベ600本が流出、民家6戸が流されたり全壊、10戸が半壊、床上浸水360戸。22日、脇町、穴吹両町に災害救助法が発動された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、677-678頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 避難命令 船による救助 災害救助法
NO.
徳島1959

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)10月1日、吉野川は未曾有の洪水となり、脇町で5戸、岩倉で4戸が流出した。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、中心気圧933hpの台風が室戸岬付近から徳島県東部を経て阪神方面に通り抜けた。脇町付近に最も接近したのは22日夜半頃で... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)6月29日から降り出した雨は豪雨となり、30日には吉野川が氾濫、脇町の新馬場から西の助松あたりまでの民家3戸が軒下まで浸水、家族... 続きを読む

享保7年の大雨

享保7年(1722)6月8日、大雨により、430余戸が流れ、貞光町太田の小島、穴吹町舞中島、阿波町岩津が四国山地から切り離された。 続きを読む

昭和50年の大雪

昭和50年(1975)2月21日夜から22日朝にかけて降った雪は脇町で22cmとなり、バスがストップするなど交通がマヒした。春の重い雪が電灯線に付き、... 続きを読む