昭和40年の火災

災害年月日
1965年04月16日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
火災  
概要
昭和40年(1965)4月16日午前9時頃、西赤谷の通称五大谷奥の雑木林から出火、阿波町境まで約90haを焼き、午後10時頃鎮火した。原因は、近くで焼いていた火が飛び火した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、696頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 西赤谷
NO.
徳島1998

よく似た災害

昭和35年の火災

昭和35年(1960)2月14日午前11時半頃、梨子木の山林から出火、松林など30haを焼き、午後6時頃鎮火した。 続きを読む

大正8年の大火

大正8年(1919)5月3日午前8時頃、下田町から出火し、西の強風のため下田小学校が全焼し、さらに飛び火して130余戸を焼き尽くして、正午頃鎮火した。... 続きを読む

昭和3年2月の火災

昭和3年(1928)2月22日午後1時頃、名西郡阿野村阿川(神山町)の山林から出火、烈風下のため火は燃え広がり、同村並びに隣接する麻植郡の山林の一部に... 続きを読む

昭和29年12月の火災

昭和29年(1954)12月27日午前0時40分頃、本町の診療所から出火し、隣接5戸、工場1棟を焼き、午前1時40分頃鎮火した。損害は2,000万円。... 続きを読む

昭和45年5月の火災

昭和45年(1970)5月1日午後2時頃、大滝山の大瀧寺庫裏付近から出火、庫裏や本堂など5棟の建物全部と裏山の雑木林約20haを焼いて午後4時半頃鎮火... 続きを読む