寛政4年の大水

災害年月日
1792年09月12日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
寛政4年(1792)7月26日、未曾有の降雨・出水により、13戸の居宅が流失した。(脇家文書「奉申上覚」による) なお、「兵助日記」では、この大水の水位は前代未聞の「阿方(阿呆)水」と記され、後世まで語り伝えられたという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 上巻」(脇町、1999年)、990-992頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
出水 奉申上覚 兵助日記 阿呆水
NO.
徳島2032

よく似た災害

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日、4日、前代未聞の洪水あり、損害あげて数うべからず。(「郡鑑」による)/前代未聞の大風雨被害。(「宇和島吉田両藩誌」による... 続きを読む

宝暦元年の洪水

宝暦元年(1751)6月18日、物部川は前代未聞の大出水。 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、大風雨、洪水。前代未聞の大水で、一般に阿房水と呼ばれた。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)7月1日、前代未聞の大水、中須賀残らず入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月、名東郡就中徳島前代未聞之大水。(「兵助日記」による) 続きを読む