寛政3年の洪水

災害年月日
1791年09月17日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
寛政3年(1791)8月20日、川田川の堤防が中御前神社あたりで西側に切れた。拝殿が流失したが、壊れず、藪中に北面して立っていた。その後、復旧工事中に、その付近の土中から大小の土器2枚が出土したため、御遷宮の際に奉納した。(川田名跡誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山川町史刊行会編「山川町史」(山川町史刊行会、1959年)、376頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 川田川 堤防決壊 中御前神社 川田名跡誌
NO.
徳島2498

よく似た災害

寛政3年の洪水

寛政3年(1791)8月20日、川田川の堤防が中御前神社あたりで西側に切れた。拝殿は流れたものの、壊れず、藪中に北面して立っていた。その後、復旧工事中... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月、洪水のため、吉野川で工事中の西覚円堤防が300間にわたって決壊し、人家流失80戸、死者30余人の被害を出した。その中には県... 続きを読む

寛文13年の洪水

寛文13年(1673)5月、洪水で石手川の堤が4箇所切れる。復旧工事に町人足1万人が出る。(「松山町鑑 一」による) 続きを読む

延宝6年の洪水

image

延宝6年(1678)3月、雨が降り続き、石手川の堤防が決壊した。市坪の安長九郎左衛門は、これまで堤防が決壊するたびに自分の財産を投げ出して堤を修築して... 続きを読む

昭和37年の土砂崩れ

昭和37年(1962)2月20日、土砂崩れで不通となっていた土讃線の土佐岩原~豊永間の復旧工事現場で、山半分が消し飛ぶ大規模な山崩れが発生し、国鉄職員... 続きを読む