明治5年の洪水

災害年月日
1872年11月01日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
明治5年(1872)10月1日午頃から降り出し、吉野川は2日夜半大水となり、北島堤防が切れた。死者100人余。明治7年2月より堤防普請して、旧土手より5尺程高くなった。(西川田の尾上利平氏記録による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山川町史刊行会編「山川町史」(山川町史刊行会、1959年)、377-378頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 北島 堤防決壊 死者
NO.
徳島2508

よく似た災害

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月7日~8日、出水により堤防破堤5箇所、計110間に及んだ。 続きを読む

明治11年の洪水

明治11年(1878)9月3日、大雨により海部川で出水。水嵩が堤天よりも高くなり、吉野村の堰堤が大決壊。 また、9月20日にも再度出水し、吉野村字前川... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月、洪水により海部川左岸の川東・川西両村で浸水家屋175戸、冠水田畑256町歩という被害が出た。これは、海部川右岸の奥浦村民が... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月7日~8日、出水により堤防破堤5箇所計120間、沖浜字北川海防破堤8間、船舶流失1艘の被害が出た。 続きを読む

享保19年の洪水

享保19年(1734)、洪水のため、神田、庄、波田で立岩川の土手が切れた。その後も土手が切れるたびに、付近の住民は普請をしたが、立岩川の治水は年貢負担... 続きを読む