明治29年の台風

災害年月日
1896年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)、大暴風雨で御下賜金があった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町誌編集委員会編「三好町誌」(三好町誌編集委員会、1959年)、98頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島2521

よく似た災害

昭和8年の台風

昭和8年(1933)10月20日、大暴風雨により、被害甚大。御下賜金あり。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、銅山流れ。大暴風雨により、人家の倒壊多く、井川町では倒家による圧死者2人。井内吹では40戸のうち13戸倒壊。宮中より... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月、風雨、洪水により水災被害があったことが天聴に達し、9人に恩賜金が下賜された。 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月、風雨、洪水により水災被害があったことが天聴に達し、9人に恩賜金が下賜された。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、大時化となった。死者は出なかったが、全半壊の家が多く、被害を受けない家はなかった。被害者には御下賜金があった。 続きを読む