昭和13年の洪水

災害年月日
1938年09月05日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)9月5日、大洪水のため、各谷川の橋梁と護岸流失。増川校の校庭200坪流失。内野谷で県道崩壊し、老婆2人遭難。(新聞記事による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 歴史編」(三好町、1997年)、751頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
徳島2559

よく似た災害

大正4年の洪水

大正4年(1915)、大洪水により、小見橋流失。(新聞記事による) 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)、大洪水のため、各河川の護岸流失、増川校庭200坪流失。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風。洪水流量は岩津で1万立米と推定。(新聞記事による) 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月27日、猛烈な集中豪雨により、引田町は水没した。(新聞記事による) 続きを読む

明治17年の風雨

明治17年(1884)、大風雨により倒壊家屋7戸、死者2人、負傷者数人。(新聞記事による) 続きを読む