大正7年の大火

災害年月日
1918年01月12日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
火災  
概要
大正7年(1918)1月12日午前2時、馬場から出火し、近隣に類焼して7戸が全焼し、午前7時に鎮火した。原因は提灯の火であったと言われている。地元はもちろん隣村・福井・椿・桑野の消防車も消防活動に加わった。火災罹災救助金が交付された。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
沖野舜二著「新野町民史」(新野町史編集委員会、1960年)、314頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 馬場
NO.
徳島2748

よく似た災害

大正8年の大火

大正8年(1919)5月3日午前8時頃、下田町から出火し、西の強風のため下田小学校が全焼し、さらに飛び火して130余戸を焼き尽くして、正午頃鎮火した。... 続きを読む

昭和23年の大火

昭和23年(1948)11月28日午前0時頃、池田町矢塚通から出火、西北風にあおられ、矢塚通両側12棟、総坪数345坪12世帯の家屋を全焼した。損害は... 続きを読む

昭和22年の大火

昭和22年(1947)2月1日午前2時頃、小松島駅前より西の付近から出火し、二条通、一条通にかけて大火となり、焼損家屋25戸の損害を出して、午前4時頃... 続きを読む

昭和23年の大火

昭和23年(1948)11月28日午前0時頃、矢塚通りから出火、西北風にあおられて火は燃え広がり、矢塚通り両側12棟、総坪数345坪12世帯の家屋を全... 続きを読む

昭和9年の山火事

昭和9年(1934)6月6日午前11時頃、綾歌郡粉所村(綾上町)樫原の官有林から出火し、同郡西分村(綾上町)、仲多度郡美合村(琴南町)及び安原村に延焼... 続きを読む