宝永4年の地震

災害年月日
1707年00月00日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、地震が発生し、津波被害は宇和島、吉田など豊後水道側で大きかったことが調べられているが、松山、今治、新居浜、西条などでは浸水記録はあるものの、詳細に調査は行われていない。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
村上仁士・中野晋・上月康則「南海地震による津波被害」(土木学会四国支部四国ブロック南海地震研究委員会編「南海地震研究 第1巻」2005年)、89頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 津波
NO.
愛媛450

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日巳の刻(午前10時)に大地震が発生し、土佐国中で死者1,000人余と伝えられている。特に上の加江や矢井賀、志和村では山際... 続きを読む

宝永4年の地震による崩落

宝永4年(1707)10月4日、東南海地震(M8.4)と南海地震(M8.4)が起こり、「宝永地震記」によれば、越知町横倉・別府山二の宮の山で40~50... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、津波による被害が発生した。この研究では、四国の歴史津波(慶長、宝永、安政)の津波高について、文献調査及び... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、津波による被害が発生した。この研究では、四国の歴史津波(慶長、宝永、安政)の津波高について、文献調査及び... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、津波による被害が発生した。この研究では、四国の歴史津波(慶長、宝永、安政)の津波高について、文献調査及び... 続きを読む