天保7年・8年の大雨

災害年月日
1836年00月00日
市町村
徳島県神山町
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)及び8年(1837)の夏から秋にかけて大雨が続き、全国を通じて四分二厘と称する稀有の大凶作となった。米麦その他の食料品は欠乏し、貧者は常食であるそば、いも、稗の粉も口に入らず、つぶろ(マンジュシャゲの根)、樫の実、甘藷のつる等を粉にして食べ、ようやく露命をつないだが、それでも4、5人の餓死者を出すに至った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
神領村誌編集委員会編「神領村誌」(神領村誌編集委員会、1960年)、532頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 凶作 飢饉 餓死
NO.
徳島3945

よく似た災害

天保3年~8年の干ばつ・風水害・長雨

天保3年(1832)から8年(1837)にかけて、干ばつ、風水害、長雨等が続き、諸国大飢饉となった。阿波国でも窮乏は甚だしく、木の葉を摘み、木の実を拾... 続きを読む

天保8年の干ばつ

天保8年(1837)夏、干ばつが続いたため、土瓶に井戸水を入れて稲の根元に給した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月5日~8月5日の1ヶ月間雨がなく、植え付け後の稲は枯死し、甘藷の植え付けもできず、佐川町では有志数十名が役場で雨乞いについて... 続きを読む

天保11年の大雨

天保11年(1840)5月14日、大雨あり、大水により、加茂村の家11軒流れたが、昼のことだったので人馬の死はなかった。(「高知年鑑」、「田野文化史」... 続きを読む

天保10年8月の大雨

天保10年(1839)8月8日朝4ツ時より降り出し、翌9日も本降りとなった。谷水古今稀なる大水。(「兵助日記」による) 続きを読む