昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月23日
市町村
徳島県つるぎ町(一宇村)
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月23日午前1時過ぎ、阿南市の蒲生田岬に上陸した台風6号は雨台風であり、剣山を中心に800ミリを越す大雨を降らせた。村内各地区で家屋や道路の流失、交通途絶等、通信不通等により孤立状態になった。村では県警や自衛隊に救援を要請した。一宇村は災害救助法の適用を受け、激甚災害地に指定された。被害は死者5人(剪宇地区2人、一宇地区3人)、重軽傷者8人、住家の流失10戸、全壊29戸、半壊17戸、床上浸水99戸、床下浸水71戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一宇村編「閉村記念誌」(一宇村、2005年)、382-384頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 救援要請 死者 激甚災害
NO.
徳島4058

よく似た災害

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月18日~19日、台風5号により、本村は災害救助法の適用を受けた。 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月23日、阿南市の蒲生田岬に上陸した台風6号は雨台風であり、剣山を中心に800ミリを越す大雨を降らせた。このため、貞光川が増水... 続きを読む

昭和50年の台風5号・6号

image

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、最大風速40m、最大1時間当たり119ミリの雨が断続的に降り続いた。吾北村では死者5人、重軽傷者15... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日午前6時20分、台風16号が中土佐町に上陸。中土佐町の被害は全壊5戸、半壊36戸、床上浸水94戸、床下浸水243世帯、被... 続きを読む

昭和29年の台風5号・12号・15号

昭和29年(1954)8月18日、台風5号により一宇村は全村各所で山崩れを生じ、県下第一の被害を受けた。その復旧の中、9月13日には台風12号、続いて... 続きを読む