昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月09日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、辻小学校の運動場が水深80cm、大久保農道が58m地すべりとなり、井川町内60箇所で被害が出た。徳島本線と土讃線が不通となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
井川町史編集委員会編「井川町史」(井川町、2006年)、303頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 辻小学校 徳島本線不通 土讃線不通
NO.
徳島4179

よく似た災害

昭和26年の大雪

昭和26年(1951)2月14日、豪雪により、島内の県道・主要道路が不通となり、農作物に大きな被害があった。 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月8日~9日、台風18号は特に国道32号沿いに豪雨をもたらし、土佐山田町繁藤では雨量が395ミリに達した。このため国道32号は... 続きを読む

昭和41年6月の土砂災害

昭和41年(1966)6月1日、雨で地盤が緩み、国道32号と土讃線が不通となった。 続きを読む

昭和24年の豪雨

昭和24年(1949)7月31日、豪雨により、三庄・加茂両村で大被害を受け、徳島線の汽車が不通となり、8月17日に開通した。井内谷村には被害はなかった... 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月30日、台風23号により、徳島本線は不通となった。 続きを読む