昭和9年の大雪

災害年月日
1934年00月00日
市町村
徳島県三好市(西祖谷山村)
災害種類
雪害  
概要
昭和9年(1934)、西祖谷山村では70年来の大雪のため、4月まで雪に閉ざされ、麦は全滅した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島4348

よく似た災害

宝永4年の地震津波

宝永4年(1707)10月4日の宝永地震による土佐市域の津波被害の様子は「谷陵記」に記されている。仁淀川の潮は八田村の渡場まで達し、新居村は全滅した。... 続きを読む

昭和33年の大雪

昭和33年(1958)1月23日、大雪により、南予で雪害。 続きを読む

昭和42年の大雪

昭和42年(1967)、大雪により、三崎町で雪害。 続きを読む

昭和44年の大雪

昭和44年(1969)3月12日、大雪のため、バスが不通となった。このため、高校の入学試験が14、15日に延期された。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風(台風15号)により、三好郡の山狭地帯、特に山城谷、祖谷などでは突風があり、住家の倒壊、人の死傷... 続きを読む