昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
高知県高知市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
門田時廣・島崎孝「高知の海岸堤防」(自然災害学会編「自然災害科学Vol.23-1」2004年)、11頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 堤防決壊
NO.
高知441

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、高知市では堤防が切れたこともあり、市街地が浸水し12日間も冠水したままであったという記録が残っている。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日申の中刻、紀伊水道南方でM8.4の巨大地震が発生し、津波を引き起こした。西宇和郡の被害については記録がないが、「愛媛県管... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、潮岬南南西約50kmでM8.0の大地震が起こった。中部地方以西に大きな被害をもたらし、死者1,300人余り、全... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)の地震により、鞆浦で波高10丈(約30m)の津波があったという記録が残っている。 続きを読む

寛文元年の地震

寛文元年(1661)11月19日、大地震が発生したと伝えられているが、古文書等の記録が残っていないので、詳細は不明である。 続きを読む