安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県牟岐町
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日昼4ツ時(10時)地震が起こり、夜5ツ時(8時)頃から夜明けまでに3、4度地震が続いた。翌5日は昼8ツ時(午後2時)頃に大地震が起こり、瓦は飛び散り地中はひび割れ、7ツ時(午後4時)には津波が襲来した。人々は命からがら八幡山などに逃げ去り見物していたところ浜先の家数百軒は将棋の駒を倒すように流失した。津波は3度あり、潮の高さは3丈余で、山々の麓に差し込んだ潮先は5、6丈にも見えた。流死の人数は20余人に及んだ。(牟岐東浦の津田屋喜右衛門「地震津浪嘉永録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
猪井達雄「地震津浪嘉永録」(阿波学会編「総合学術調査報告 牟岐町」徳島県立図書館、1977年、所収)、259-270頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政地震 津波 死者 地震津浪嘉永録
NO.
徳島256

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日朝5ツ時に大地震があり、木岐では人々は大汐が来ることを用心して夜を明かした。翌5日夕7ツ時(午後4時)に大地震が起こり、... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日~5日、大地震が起こった。阿波国には安政大地震に関する旧記録は少ないが、野田定五郎氏の記録によると、11月4日四ツ時、大... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日辰刻(午前8時)、地震が発生したが、岸本浦の地曳網が流されたり、夜須浜で潮の変調が感じられる程度であった。翌5日七ツ時(... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時頃)、地震が起こったが、小さいものであった。翌5日7ツの中刻(午後4時)、大地震が起こり、津波が襲来した。... 続きを読む