安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日、南海沖の地震により、徳島の沿岸部は多大な被害を受けた。蜂須賀家の編年史である「阿淡年表秘録」によると、発生後11日で阿波国内での被害は石高85,000石余、潰家2,795軒、流失家3,800軒、焼失家3,570軒、死者150人などに及んだという。長江正一「阿波に於ける地震の研究」では、小松島市の多田家所蔵の資料をもとに、御救い小屋の設置、救恤のあり方、埠頭・道路の修繕、免租のほか、私財を投じて救済を行った商人・富豪の活動などについても記している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
金原祐樹「安政大地震における情報収集と復興」(徳島地方史研究会編集委員会編「史窓 第27号」徳島地方史研究会、1997年、所収)、127-129頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 死者 阿淡年表秘録 阿波に於ける地震の研究
NO.
徳島262

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)、M8.4の安政南海地震が発生した。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史史料をもとに、地震被害を抽出、再整理... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月4日、東海・東山・南海の諸道で大地震があり、津波も大きかった。倒壊・流失家屋は8,300戸、焼失300戸、死者1,000人を... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、安政南海地震により津波被害が起こった。この研究では、過去の南海地震津波に関する資料・資料から得られた四国の市町村別被災データをも... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、安政南海地震により津波被害が起こった。この研究では、過去の南海地震津波に関する資料・資料から得られた四国の市町村別被災データをも... 続きを読む