昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
徳島県吉野川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、浸水面積3,248ha、床上浸水1,536戸、床下浸水1,324戸。(吉野川の主な洪水の歴史による)/枕崎台風での流量は、当時の計画高水流量(13,900立米/秒)を上回る14,700立米/秒となったため、吉野川では昭和24年から本格的な第二期改修工事が始まった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、45頁及び50頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
枕崎台風 吉野川 計画高水流量 第二期改修工事
NO.
徳島7288

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、吉野川をはじめ各河川で大洪水。徳島県の被害は、死者44人、行方不明3人、負傷18人、家屋全壊1,16... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風による洪水のため、肱川の流量は5,000立米/秒となった。死傷者152人出た。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風16号(枕崎台風)により、計画高水量を上回る出水を見る。(吉野川治水年表による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風による風が強く、戦後急ごしらえで建てられた徳島市内の仮小屋はほとんど倒壊した。また、上流の高知県の雨量が多か... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風による洪水のため、肱川の大洲地点の最大流量は5,000立米/秒となった。 続きを読む