文化6年の干ばつ

災害年月日
1809年00月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
渇水  
概要
文化6年(1809)、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井関の水脈を切り落としてもらうことを要請したが、平地村は要請を拒絶した。このため、阿蔵村の農民が井関の水脈を切り落としたため、争いとなった。結局、阿蔵村の農民は宇和島藩八幡浜代官らの助力も得て、権利を守りきった。紛争が解決したのは、翌文化7年10月30日であった。
地理院地図
Googleマップ
備考
大洲市の圓満寺前に竹之窪水騒動碑がある。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大洲市誌編纂会編「大洲市誌 上巻」(大洲市誌編纂会、1996年)、200頁及び232-236頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 阿蔵村 平地村 竹之窪水論
NO.
愛媛1058

よく似た災害

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、宇和島領平地村の竹之窪井堰で、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に水論が起こった。阿蔵村は慣例にしたがい上... 続きを読む

文化6年の水論

image

文化6年(1809)、大洲領大洲村竹之窪と新谷領阿蔵村の間で水論。(「愛媛県農業史」、「大洲市誌」等による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月28日、干ばつ、竹之窪水論。(大洲領の災害) 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、高松藩内で55,000石余の立枯田が出たと記録されている。この水不足のため、7月1日に寺井村の百姓50余人は大野の案... 続きを読む