明治19年7月の洪水

災害年月日
1886年07月22日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)7月22日、暴風雨のため、広見川の出水で、田畑の流失10町余、家屋の流失10数棟に及び、山腹の崩壊は50箇所にのぼった。21日夜、広見川の増水により、小松村と久保村の中間の中川原でウナギやアユを漁獲中の11人が取り残され、助けを求めた。村民が両岸に集まったが、救助の術もなく、ただ三島・金刀比羅の両氏神に祈祷するだけであった。中川原の人々はいたたまれず、両岸の村民に一礼をして濁流に身を投じた。この間10時間、5人が死亡、かろうじて6人が助かった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、42頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 台風 山腹崩壊 広見川 死者
NO.
愛媛1319

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)7月22日、大暴風雨により、農作物の倒伏・流出が起こるとともに、山林の巨木の倒壊・流出により河岸の崩壊、田畑の流失が多かった。広... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)7月22日、大暴風雨により、農作物の倒伏・流出が起こるとともに、山林の巨木の倒壊・流出により河岸の崩壊、田畑の流失が多かった。広... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日、大暴風雨のため、夜には60年来の大洪水となり、広見川の堤防は至る所でほとんど破損し、各地に大きな被害が起きた。 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)4月~6月に伊予国各地で洪水の被害があった。松前では中川原、徳丸、大間で重信川の堤防が切れ、田地に激甚な被害があった。(「永代日記... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大洪水により物部川の両岸数箇所が大被害を受け、佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。 続きを読む