昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、肱川、重信川など各河川の氾濫や山崩れ等により大災害となった。特に肱川上流では700~900ミリを超す降雨があったため、大洲町では明治19年(1886)以来の出水量を記録し、大洲平野は泥海と化した。上浮穴郡では山崩れ等による被害、喜多郡の大洲警察署管内では死者31人等、内子警察署管内では死者19人等、東宇和郡の卯之町警察署管内では死者15人等、野村警察署管内では死者3人等の被害が出た。郡別の被害状況が示されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
愛媛県警察史編さん委員会編「愛媛県警察史 第2巻」(愛媛県警察本部、1978年)、896-900頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 山崩れ 死者
NO.
愛媛1756

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜半、台風が高知付近に上陸した。愛媛県では風雨ともに強く、各地で河川が氾濫し、県下全域に被害が出た。宇摩郡では金生川の氾... 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日8時過ぎに安芸市に上陸した台風23号は、12時過ぎには若狭湾を通過したが、暴風雨時間が短いにもかかわらず、大きな被害を... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、南海道沖で地震が発生し、大津波を伴って中部、近畿、中国、四国、九州の各地に大きな被害を出した。豊浜... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月13日~17日、台風24号は日本上空にあった前線を刺激して5日間連続の集中豪雨をもたらし、徳島気象台創立以来の786mmとい... 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日、台風23号は徳島県中部を通過し、最大瞬間風速67mで、徳島気象台創立以来の新記録をつくったが、暴風時間が短く済んだの... 続きを読む