昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
愛媛県内子町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和45年(1970)8月21日、台風10号の被害が大きく、石畳古橋地区で大規模な山崩れが起こった。(「内子町のあゆみ」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
内子町町並・地域振興課編「内子町むらの移り変わり写真集」(内子町、2004年)、81頁
情報源の種類
写真集
キーワード
台風 石畳古橋 山崩れ
NO.
愛媛1890

よく似た災害

昭和42年の台風7号

昭和42年(1967)7月9日、台風7号により、農作物の被害甚大。(「内子町のあゆみ」による) 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月9日、長雨のため、農作物の被害甚大。(「内子町のあゆみ」による) 続きを読む

昭和38年の豪雪

昭和38年(1963)1月9日、近年にない豪雪のため、交通機関が途絶した。(「内子町のあゆみ」による) 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日~5日、梅雨末期の豪雨のため、土佐山田町繁藤で大規模な山崩れが起こり、県内の死者は61人に及んだ。須崎市では、国道56号... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日~8月4日の台風10号により、上那賀町と木沢村は集中豪雨となり、那賀川・坂州木頭川坂谷で最大時間雨量97ミリ、累積雨量... 続きを読む