明治44年の洪水

災害年月日
1911年08月15日
市町村
高知県日高村
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)8月15日、大洪水により、水門の一つは崩壊閉塞し、他の一条で排水したが、遅々として進まず、ちょうど稲作の結実期であり、高橋巽村長は大英断をもって堤防の上部を穿ち、水の排出を図った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
続・日高村史編纂委員会編「続 日高村史」(日高村教育委員会、2013年)、127頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知5535

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月、洪水により海部川左岸の川東・川西両村で浸水家屋175戸、冠水田畑256町歩という被害が出た。これは、海部川右岸の奥浦村民が... 続きを読む

昭和19年の水害

昭和19年(1944)9月16日から17日にかけて暴風雨で、県道の通行は不可能となったが、結実期の水稲の被害は軽少であった。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月11日、台風により四国で風雨。吉野川で洪水が発生し、水死者6名。稲作の被害大であった。 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風により、東予、中予の被害が甚大で、明治期で最大の災害であった。宮窪町では大川流域の田畑の被害は多大であった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月23日~9月1日まで135日間干天続き、稲作の被害大。 続きを読む