昭和41年5月の大雨

災害年月日
1966年05月20日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和41年(1966)5月20日~22日、前線による大雨のため、県内各地で局所豪雨となった。須崎市の雨量は382ミリ(5月20日~21日)に及び、糺池畔の住宅で床上浸水20戸の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、242頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 前線
NO.
高知5547

よく似た災害

昭和41年5月の大雨

昭和41年(1966)5月20日~21日、前線による大雨で、須崎の雨量は382ミリに達し、糺池畔の住宅が床上浸水。 続きを読む

昭和45年7月の大雨

昭和45年(1970)7月8日、梅雨前線上を低気圧が通過し、県中部で豪雨となった。須崎市の雨量は276ミリに達し、床下浸水10戸の被害が出た。 続きを読む

昭和41年8月の大雨

昭和41年(1966)8月、台風13号(12~16日)、熱帯低気圧(17~21日)、台風15号(22~25日)の連鎖によって2週間連続の大雨となった。... 続きを読む

昭和45年9月の集中豪雨

昭和45年(1970)9月21日、須崎市を中心に局地的な集中豪雨となった。須崎市の雨量は210ミリとなり、床上浸水30戸、床下浸水370戸の被害が出た... 続きを読む

昭和53年の大雨

昭和53年(1978)7月12日夜、集中豪雨が県中央部を襲った。高知市の時間雨量は90ミリを記録した。市内のほぼ全域にわたって家屋浸水や道路冠水の被害... 続きを読む