明治40年9月の台風

災害年月日
1907年09月07日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治40年(1907)9月7日夜から8日午前中に台風が九州西岸を北上し、山口県を通って日本海に抜けたため、西日本は大災害を受けた。7日の徳島の日雨量は213.5ミリであった。吉野川、勝浦川下流では非常な出水となった。/大洪水。(「山城谷村史」による)/連日の大降雨により、吉野川河水激増し、濁流狂奔し、各所堤防決壊その他合わせて85箇所延長2,825間に及び、大代の極小区域を除くほか全部浸水す。人家浸水座上4寸から4尺、潮水も侵入して稲作皆無となる。(「板野郡誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、57-58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 吉野川 勝浦川 高潮
NO.
徳島7917

よく似た災害

明治40年9月の台風

明治40年(1907)9月7日夜から8日午前中に台風が九州西岸を北上し、山口県を通って日本海に抜けたため、西日本は大災害を受けた。7日の徳島の日雨量は... 続きを読む

明治40年9月の台風

明治40年(1907)9月7日夜から8日午前中に台風が九州西岸を北上し、山口県を通って日本海に抜けたため、西日本は大災害を受けた。7日の徳島の日雨量は... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日午後9時頃、風向きが東方から西に急転すると同時に猛烈な台風となり、多度津測候所の観測では最大風速が秒速52.5mに達し... 続きを読む

明治40年9月の台風

明治40年(1907)9月7日、台風が九州西岸から山口県に進んだ。雨量は越知で402ミリに達し、被害は堤防決壊2箇所、延長20間、道路の破損11箇所、... 続きを読む

大正9年の台風

image

大正9年(1920)8月15日、台風に伴う大豪雨により、幡多郡は大きな被害を受けた。下川口村では家屋の全壊21戸、半壊11戸、流失3戸、浸水187戸、... 続きを読む