昭和36年の集中豪雨

災害年月日
1961年10月27日
市町村
香川県東かがわ市(引田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧が発達しながら四国東部を通り北東に進んだため、引田町は雨量331ミリの集中豪雨に見舞われた。第二室戸台風の被害を受けていた小海川をはじめ、河川は各所で氾濫し、堤防の決壊、橋の流出が続出した。山崩れ、家屋の浸水などが相次ぎ、道路の冠水、線路の浸水などで、交通機関は不通となった。また、稲束50haを流失したのをはじめ、農作物の被害が甚大であった。小・中学校は臨時休校となった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による)
地理院地図
Googleマップ
備考
災害復旧工事は昭和36年~41年に行われ、完工碑が相生坂元の国道11号海岸側に建てられている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
引田町史編さん委員会編「引田町史 自然・原始~近世・文化財」(引田町、1995年)、56頁及び66-69頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 低気圧 小海川 堤防決壊 山崩れ
NO.
香川918

よく似た災害

昭和4年の集中豪雨

昭和4年(1929)10月25日~26日、県東部で集中豪雨による土砂崩壊のため、高徳線白鳥~引田間が一時不通となった。(香川県、高松気象台、引田町等の... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨により、波方町、関前村、宮窪町などで9人の死者があり、田尻で汽車が脱線して不通となった。 続きを読む

昭和43年の集中豪雨

昭和43年(1968)8月26日、長浜地方の集中豪雨により、大和川をはじめ各河川の氾濫、崖崩れ、浸水等により、被害は甚大となった。2時~3時の間に86... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、大きな被害を受けた。雨量は127ミリ(宮浦中学校調べ)で、宮浦明治川が午後5時30分に決壊し、新地地区... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

image

昭和47年(1972)9月7日から降り始め、8日から9日にかけては173ミリの豪雨を記録した。河川は氾濫し、土砂崩れが長沢、乃万など7箇所で発生し、予... 続きを読む