昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年05月13日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)5月13日から7月12日まで61日間日照りが続き、13日には小雨が降ったものの、その後9月1日まで雨がなかった。県内の水稲作付面積35,778町のうち、約6割の20,177町が被害を受け、枯死田は1,081町であった。各地で雨乞い祈願が行われ、8月には善通寺の山砲隊が出動して降雨のために実弾射撃をした。木太地区では甚大な被害を受け、ほとんど収穫皆無であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
木太町郷土誌編集委員会編「木太町郷土誌」(木太町郷土誌を作る会、1995年)、522-524頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 実弾射撃
NO.
香川1297

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつでのため、各地で雨乞い祈願をし、善通寺11師団の山砲隊に実弾の発砲まで依頼する程であった。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月から7月13日まで60日間照り続き、再び天気が固定して9月1日まで照ったため、農作物の被害が甚だしかった。(「香川県気象災害誌... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月14日~7月13日まで60日間干ばつ。その後48日間干ばつが続いたため、各町村民雨乞いをし、善通寺山砲隊も実弾射撃で気象変化を... 続きを読む