昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降雨量は32.5ミリで、8月の降雨量は1.7ミリという記録的なものであった。水稲作付面積35,778町のうち、被害田は約6割の20,177町、枯死田は1,081町で、畑作物の被害を含めて被害金額は570万円であった。県内各地で雨乞い祈願が行われ、8月には軍隊が降雨をねらって200発の実弾射撃を行ったが降雨には至らなかった。農林省は干害救済策として免税、代替作奨励、土木計画などの諸策を講じた。
Googleマップ
参考文献
香川県農業史編集委員会編「香川県農業史」(香川県農業改良普及会、1977年)、154-155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 実弾射撃 干害救済策
NO.
香川1622

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から7月12日まで61日間日照りが続き、13日には小雨が降ったものの、その後9月1日まで雨がなかった。県内の水稲作付面積... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつ。8月26日現在の県下の被害田は20,177町、枯死田は1,081町と報ぜられている。干ばつの応急対策の一つとして、8月... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日まで、43日間に32.5ミリの降雨量で、なかでも8月は1.7ミリであった。県下の水稲作付面積35,778町歩... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む