昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県丸亀市(飯山町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、干ばつのため、8月下旬には県下のため池には貯水がなくなり、仁池も最後の配水について理事、水利監督などが協議し、上法と富熊のどちらからかん水するかをくじで決め、上法が先になった。8月28日、29日(24日、25日とも言われる)に上法地区は切り流しでかんがいすることができたが、富熊の方へは配水できなかった。待望の雨は9月9日に降り、それまで井戸水などで持ちこたえてきた稲は救われたものの、枯死した水田も多かった。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、706頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 仁池 上法 富熊
NO.
香川1532

よく似た災害

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月10日から10月4日まで降雨がなく、異常な干ばつに見舞われた。水稲、野菜などには比較的被害が少なかったものの、みかんに被害が... 続きを読む

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)7月初めから8月にかけて降雨がなく、稲は枯死状態になった。大森山頂で仏式の雨乞い祈願を行うなどしたが、雨は降らなかった。このため、... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、大干ばつのため、満濃池の水掛かりは徹底的な被害を受けた。丸亀平野の南部にはある程度かんがい用水を提供することができても、北部に... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏から9月11日まで、約140日間日照りが続いた。池底に亀裂ができて、水がなくなり、東十川村内では水けんかなどが生じた。このため... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降雨量は32.5ミリで、8月の降雨量は1.7ミリという記録的な少雨であった。栗林公園の泉水を... 続きを読む