寛政2年の干ばつ

災害年月日
1790年00月00日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
渇水  
概要
寛政2年(1790)夏、日照りが続いた。香東川の上流にある「芦脇井関」で水が堰き止められると、下流の「一の井関」には水が流れないが、この時にも芦脇井関側と一の井関側で水争いが起こった。
地理院地図
Googleマップ
備考
芦脇井堰
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、396-397頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 水争い 芦脇井関 一の井関
NO.
香川1578

よく似た災害

寛政6年の干ばつ

image

寛政6年(1794)、大干ばつに見舞われ、芦脇井関の少し下流にある一ノ井堰掛かりの岡・由佐・横井・池内の4ヶ村は用水不足になった。その原因は、芦脇井関... 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、干ばつのため、温泉郡南吉田村と伊予郡余戸村・垣生(はぶ)村の間で水争いが起きた。 続きを読む

明治5年の水争い

明治5年(1872)、金川村と三角寺村の間に水争いがあった。谷水が等分に流れるように置いていた分水石を切って流量を変えたため、水争いが起こった。(「惣... 続きを読む

文化14年の干ばつ

文化14年(1814)、日照りが厳しかった。このため、氷上村が屋古戸関から取り入れた用水を再び吉田川に放流する落ち口に、田中村が新しく井関を築造したた... 続きを読む

寛政2年の干ばつ

image

寛政2年(1790)6月、日照り続きのため、干ばつ。芦脇井堰をめぐって、香東川の東岸(川東)と西岸(川西)との間で水論があった。 続きを読む