昭和21年の台風

災害年月日
1946年07月29日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。県内の雨は28日、29日に集中し、降雨量は東津野700ミリ超、魚梁瀬600ミリ超、大正609ミリ、梼原612ミリ、大野見533ミリ、長者534ミリ、越知536ミリ、本川507ミリ、本山526ミリに達した。幡多郡では昭和10年以来の大洪水、伊野町では仁淀川が氾濫し30年来の惨害ととなり、大崎村では山崩れが起こった。県下の被害は死者11人、行方不明7人、負傷者6人、家屋の全壊62戸、半壊104戸、流失43戸、床上浸水3,570戸等に及んだ。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1073-1074頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 山崩れ 死者 高知県災害異誌
NO.
高知702

よく似た災害

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。県内の雨は28日、29日に集中し、東津野で700ミリ、魚梁瀬で600ミリを越えた。幡多郡では... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号の被害が大きく、石畳古橋地区で大規模な山崩れが起こった。(「内子町のあゆみ」による) 続きを読む

嘉永元年の山崩れ

嘉永元年(1848)、大雨により、小豆島の渕崎村で山崩れが起こった。 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日から24日まで、台風による豪雨が続き、肱川、重信川など各河川の氾濫や山崩れ等により大災害となった。特に肱川上流では70... 続きを読む

昭和21年の南海地震による山崩れ

昭和21年(1946)12月21日、南海地震(M8.0)により、道後温泉では山崩れが起こり、源泉が埋没した。 続きを読む