明治6年の干ばつ

災害年月日
1873年00月00日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
明治6年(1873)、54日干ばつが続く。(「綜合斗賀野村誌略」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、59頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 綜合斗賀野村誌略
NO.
高知798

よく似た災害

明治12年の干ばつ

明治12年(1879)、河水干れ、草木枯死。(「綜合斗賀野村誌略」による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、50日間降雨なし。(「綜合斗賀野村史略」による) 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、低気圧が四国沖を通過したため大雪となった。積雪は本山で15~18尺、梼原で8.5寸、須崎・斗賀野峠で1尺~1.5尺、... 続きを読む

昭和24年の干ばつ

昭和24年(1949)7月下旬から8月上旬にかけて、優勢な小笠原高気圧におおわれ好天が続きいた。綜合斗賀野村誌略には「殊に中組、角口、八寺山、薄木方面... 続きを読む

明治19年9月10日の台風

明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時隠岐の北に出た。綜合斗賀野村誌略には「倒家33、死1、山の木多く倒れ2、3日後に... 続きを読む