大正9年7月の台風

災害年月日
1920年07月24日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)7月24日17時、台風が須崎付近に上陸し、松江方面に抜けた。県内の雨は24日午後から翌早朝に強く、東部は非常な豪雨で山崩れとなった。西部は100ミリに足らないほどであったが、須崎の雨量は200ミリ以上。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、74頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 豪雨 山崩れ
NO.
高知907

よく似た災害

大正9年7月の台風

大正9年(1920)7月24日17時、台風が須崎付近から上陸し、松江に抜けた。県内の雨は24日午後から翌早朝に強く、東部は非常な豪雨で山崩れを起こした... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)7月24日、台風が須崎方面に上陸した。県東部は24日午後から翌早朝にかけて非常な豪雨に見舞われ、山崩れ、河川の氾濫による被害は甚大... 続きを読む

明治32年9月の秋雨

明治32年(1899)9月19日~29日台風等による秋雨が11日間に及び、この間の雨量は越知で972ミリ、窪川で865ミリ、土佐清水・中村で565ミリ... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風による大雨で、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きかった。須崎の雨量200~300ミリ、梼原37... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月9日午前、台風17号による断続的な雨で、土佐市家俊で山の崩壊があり、付近住民に避難勧告が出された。11日、高知市では床上・床... 続きを読む