昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震による津波の際、土佐清水港の検潮所では津波の来襲によって記録が振り切れたため津波到達直後の記録はないものの、津波が12時間以上継続したことが記録されていた。この研究では、南海トラフ沿いで発生する地震による四国南部沿岸における津波継続特性が数値解析により検討されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
今井健太郎・ 佐竹健治・ 古村孝志「南海トラフで発生する地震による四国南部沿岸での津波継続特性」(土木学会海岸工学委員会編「土木学会論文集B2(海岸工学)Vol..65」2009年)、281-285頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 津波 南海トラフ 数値解析
NO.
高知1259

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震による津波の際、土佐清水港の検潮所では津波の来襲によって記録が振り切れたため津波到達直後の記録はないものの、津波が12... 続きを読む

昭和19年の東南海地震

昭和19年(1944)、東南海地震による津波の際、土佐清水港の検潮所では振幅0.3mを超える津波が12時間以上継続し、最大波が地震発生から4時間後に生... 続きを読む

昭和19年の東南海地震

昭和19年(1944)、東南海地震による津波の際、土佐清水港の検潮所では振幅0.3mを超える津波が12時間以上継続し、最大波が地震発生から4時間後に生... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が紀伊半島・四国沿岸を襲った。今後巨大地震が起きることが想定されており、津波に対する早急な対策が必要とされている。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が紀伊半島・四国沿岸を襲った。今後巨大地震が起きることが想定されており、津波に対する早急な対策が必要とされている。... 続きを読む