昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月22日
市町村
徳島県神山町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月22日~23日の台風6号により、鬼籠野で最大1時間雨量78ミリ、総雨量528ミリとなった。県道徳島剣山線、石井神山線などは道路決壊や山崩れにより通行不能となり、神山町は一時孤立状態となった。阿野字五反地では、鮎喰川が氾濫し、商店街42戸が1~1.5m浸水し、広野支所や公民館に避難した。町全体の被害は、家屋の全壊15戸、半壊8戸m一部破損13戸、床上浸水85戸、床下浸水108戸に及び、被害総額は55億6,300万円と見込まれた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
神山町史編集委員会編「神山町史 下巻」(神山町、2005年)、438-439頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 孤立状態 阿野 鮎喰川
NO.
徳島687

よく似た災害

昭和52年の台風7号

昭和52年(1977)8月25日、台風7号が九州南部を横断し、足摺西南西海上で停滞して熱帯低気圧となった。須崎市では新荘川の支流の依包川の水位が上昇し... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を急速に北上した。21日~24日の雨量は須崎で500~800ミリ、大正959ミリ、梼原894ミリ、東津... 続きを読む

昭和13年8月の大雨

昭和13年(1938)8月27日~28日、熱帯低気圧により大雨となった。27日の雨量は後免で359ミリ、入河内で342ミリ、長沢で337ミリ、桑尾で3... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風が鹿児島から八幡浜近くを通過した。雨量は越知で318ミリに達し、越知町市街地は高地にもかかわらず嘉永2年(184... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月13日~17日、前線と台風24号により、四国地方は記録的な大雨となった。香川県内の13日~17日の雨量は350~600ミリに... 続きを読む