昭和9年10月の台風

災害年月日
1934年10月20日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和9年(1934)10月20日、大暴風雨により、大洪水。この洪水では、漆川谷で道路に水があふれて通行不能となった。山及び道路等の崩壊が格別に多かった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三縄村史編集委員会編「三縄村史」(三縄村史編集委員会、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 漆川谷 山崩れ
NO.
徳島735

よく似た災害

昭和28年の台風2号

昭和28年(1953)6月7日、台風2号により高松川の堤防が2箇所で決壊し、橋梁が落ちて通行不能となった。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日11時前、台風18号による洪水のため、日開谷川にかかる日開谷橋(全長170m、幅5.5m)の中央部で、脚がくずれ橋が「く... 続きを読む

昭和48年の日ノ浦山災害

昭和48年(1973)8月、突如、日ノ浦山が東西50m、高さ80mに渡って大崩壊し、県道は完全に通行不能となった。さらにその半月後に山腹の土砂が崩れた... 続きを読む

昭和21年の山崩れ

昭和21年(1946)12月21日、南海地震による山崩れ・崖崩れのため、県道山田・大栃線6箇所で車馬が通行不能となった。 続きを読む

昭和45年9月の集中豪雨

昭和45年(1970)9月21日、須崎市を中心に局地的な集中豪雨となった。須崎市の雨量は210ミリとなり、床上浸水30戸、床下浸水370戸の被害が出た... 続きを読む