昭和8年の台風

災害年月日
1933年10月20日
市町村
愛媛県愛南町(内海村)
災害種類
風水害  
概要
昭和8年(1933)10月20日、大暴風雨により、被害甚大。御下賜金あり。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海村史編纂委員会編「新訂 内海村史」(内海村、2004年)、425頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 御下賜金
NO.
愛媛6659

よく似た災害

明治29年の台風

明治29年(1896)、大暴風雨で御下賜金があった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月29日、銅山流れ。大暴風雨により、人家の倒壊多く、井川町では倒家による圧死者2人。井内吹では40戸のうち13戸倒壊。宮中より... 続きを読む

明治35年8月の台風

明治35年(1902)8月10日、吉野川で台風による洪水被害。天皇陛下より御下賜金。 続きを読む

明治35年8月の台風

明治35年(1902)8月10日、吉野川で台風による洪水被害。天皇陛下より御下賜金。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、大暴風雨、波浪により、家屋、舟、護岸、農作物の被害甚大。(「愛媛県誌稿」による) 続きを読む