天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)10月14日、白鳳の地震が発生した。土佐沖大地震とも言われているが、阿波国内でも相当の被害があったという。(「阿淡年表秘録」、「徳島県史」、「徳島県災異誌」、「徳島県警察史」、「阿波の歴史地理第二」等による)
Googleマップ
備考
原資料では天武天皇12年となっているが、天武天皇13年に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1032頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震
NO.
徳島770

よく似た災害

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)、南海道大地震。参考太平記によると、阿波の雪(由岐)湊で在家1,700余悉く海に沈み、鳴門の潮涸る。(「阿淡年表秘録」... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝発生した南海大地震により、本県は甚大被害を受けた。特に太平洋岸の浅川・鞆奥・宍喰は大津波により人家の被害が大きく... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)、大地震が起こった。下の加江にはこの地震に関するいくつかの口碑が残されている。小方の藤が谷の上にコガントウという山があり、津波で醸... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、土佐沖大地震。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

享保7年8月の風雨

享和7年(1722)8月23日、風雨、洪水があり、高37,566石余損亡、潰家93戸、溺死男2人、女1人の被害があった。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む