安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日朝から揺り始め、5日には大揺りとなり、その夜は前代未聞の大震となった。11日、15日、25日及び12月12日、14日にも強震が続発、ついに不祥を忌み嫌って12月13日に安政と改元したため、安政南海地震と言われている。大晦日には大体おさまったが、余震は翌年3月まで続き、街にも村にも家の中には人は一人もいず、外へ出て藪に小屋がけをして野宿生活に追いやられた。三好郡志には、この地震を体験した東山村(三好町)の古老の話が紹介されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、286頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 改元 三好郡志
NO.
徳島788

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝、少々震り出し、5日7ツ時には大震りとなり、5ツ半頃には前代未聞の大震となった。翌月12月13日に安政と改元となったが... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日昼8ツ時より揺り始め、5日昼8ツ半頃より大地震となり、飛ぶ鳥も落ちんばかりであったと伝えられている。村人は大地震に驚き、... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日に地震が、5日には大地震と大津波が起こった。田井税伯「震潮記」には、このような場合には決して船に乗ってはならない、船に乗... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝、少々震り出し、5日7ツ時には大震りとなり、5ツ半頃には前代未聞の大震となった。翌月12月13日に安政と改元となったが... 続きを読む