明治32年の風雨

災害年月日
1899年08月28日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、暴風が吹き荒れ、大雨は車軸を流すかのように濁流となって流れ、伊予川などの増水は平時には想像できないほどであった。この時、別子銅山の一部崩壊により、銅山関係者の屍が流れ来て、磧に打ち上げられたり、埋もれるなど悲惨な状況であった。また、鉱毒が一時流下したため、吉野川では鉱毒が脇町下流にまで及び、河魚が全滅した。山城谷村の被害は山岳崩壊3箇所、耕地の浸水20町、潰家47戸、圧死人女1人、負傷者男1人、女1人、牛死亡1頭、煙草5割減など甚大であった。
Googleマップ
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史 全」(山城谷村、1919年)、370-371頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 伊予川 別子銅山 死者 山崩れ
NO.
徳島804

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、大暴風雨により、吉野川、伊予川など河川の水位の上昇は甚だしかった。この時、別子銅山の従業員住宅地の一部崩壊により、銅... 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨のため、吉野川をはじめ諸川で大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が土砂に埋もれて死... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日昼前から雷雨となり、麦ヶ浦では山は崩れ、川溝は土砂で埋もれるなど大惨事となった。内泊より青年団30人が加勢に来て、土砂の... 続きを読む

宝暦7年の風雨

image

宝暦7年(1757)7月26日、風雨により高知城天守閣の鯱が飛ばされるなど損害が甚大であった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日の暴風雨は、関川、西谷川、浦山川などの堤防を流し、田畑、家屋を損壊し流失させた。この暴風雨災害は「銅山時化」と呼ばれる... 続きを読む