明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、大暴風雨により、吉野川、伊予川など河川の水位の上昇は甚だしかった。この時、別子銅山の従業員住宅地の一部崩壊により、銅山関係者の屍が伊予川や吉野川本流に流れるな悲惨な状況であった。また、鉱毒が一時流下したため、吉野川では鉱毒は脇町付近に及び、河魚は全滅した。山城谷村の被害は山岳崩壊3箇所、耕地の浸水20町、潰家47戸、半潰66戸、道路破損3箇所、橋梁破損2箇所、圧死人女1人、負傷者男1人、女1人、牛死亡1等、煙草5割減など甚大であった。
Googleマップ
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史」(山城町、1959年)、48頁及び63-64頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 伊予川 別子銅山 死者 山崩れ
NO.
徳島817

よく似た災害

明治32年の風雨

明治32年(1899)8月28日、暴風が吹き荒れ、大雨は車軸を流すかのように濁流となって流れ、伊予川などの増水は平時には想像できないほどであった。この... 続きを読む

明治38年6月の地震

明治38年(1905)6月2日、安芸灘を震源とする地震があった。被害は松山市、温泉、越智、伊予各郡にわたり、家屋の全壊7戸、半壊58戸、破損231戸、... 続きを読む

明治38年6月の地震

明治38年(1905)6月2日、安芸灘を震源とするM7.2とM6.0の2回の地震があった。被害は松山市、温泉、越智、伊予各郡にわたり、家屋の全壊7戸、... 続きを読む

明治44年8月の洪水

明治44年(1911)8月16日、吉野川の増水2丈1尺となった。このため、浸水被害面積は田30町、畑298町、桑園54町など合計562町に及んだ。また... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月8日、9日、暴風雨により、吉野川大洪水。県西地方では「銅山川流れ」あり、県下農作物は3割2分の減収となった。阿波郡では日開谷... 続きを読む