昭和46年の台風23号

災害年月日
1971年08月29日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和46年(1971)8月29日、台風23号により、強風・波浪・大雨注意報発令。山崩れ、道路決壊など被害が大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山城町20年史編集委員会編「山城町二十年史」(山城町、1978年)、408頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
徳島806

よく似た災害

弘化3年の暴風

弘化3年(1846)7月9日、暴風により、家屋や大木の倒壊など被害が大きかった。「丑年の大風」と言われる。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

昭和31年の台風9号

昭和31年(1956)8月17日、台風9号により、特に風害が大きく、三崎町でも被害が大きかった。佐田岬の最大風速は東南東45.0m/sであった。 続きを読む

大正13年の洪水

大正13年(1924)7月11日~12日、大雨のため、内川の堤防決壊等の大被害が出た。稲作は潅水による被害が大きかった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、南海道沖地震が起こった。地震による被害は宿毛の町が大きかったが、津波による被害は大島や片島で大きかっ... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月15日、枕崎台風により、家屋の全半壊、船舶・宅地の流失、稲作・その他農作物・樹木の折倒、道路の破損など被害は大きかった。(「... 続きを読む