明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年07月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)7月26日から8月末までの徳島の降雨量は24.5ミリで、近国もすべて干ばつに苦しんだ。同時に6月~8月は驚異的な高温となり、月平均気温は平年値より2度位の高めとなった。/水争い。(「中野島村史」による)/137日干。(「山川町史」による)/旧3月21日より8月3日まで夕立程度の雨のみ、田植え半分、金ぴらへもらい水、山で大火たき、雨乞い、三郎虫大発生。(「木頭村誌」による)
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水争い 雨乞い 中野島村史 木頭村誌
NO.
徳島900

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日から8月末までの徳島の降雨量は24.5ミリで、近国もすべて干ばつに苦しんだ。同時に6月~8月は驚異的な高温となり、月平... 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)5月下旬より雨6月17日まで、18日より天気46日目の8月4日夕立。この間に雨乞い。8月6日7ツ時大夕立、以後また天気、9月6日ま... 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)5月下旬より雨6月17日まで、18日より天気46日目の8月4日夕立。この間に雨乞い。8月6日7ツ時大夕立、以後また天気、9月6日ま... 続きを読む

慶応2年の干ばつ

慶応2年(1866)夏、80日干。(「山川町史」による) 続きを読む

慶応2年の干ばつ

慶応2年(1866)夏、80日干。(「山川町史」による) 続きを読む