昭和9年9月9日の台風

災害年月日
1934年09月09日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和9年(1934)9月9日、台風が有明海から山口県に抜けた。雨は那賀川上流の山地で多く250ミリを越えたが、5日の150ミリ程度も加わって河川は増水し、道路・護岸の決壊、三好の山崩れのほか、農作物にも被害が出た。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、79頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
徳島915

よく似た災害

昭和9年9月9日の台風

昭和9年(1934)9月9日、台風が有明海から山口県に抜けた。雨は那賀川上流の山地で多く250ミリを越えたが、5日の150ミリ程度も加わって河川は増水... 続きを読む

昭和48年の台風6号

昭和48年(1973)7月26日、台風6号により、足摺岬の雨量は284ミリを記録し、県下の河川は増水し、大雨の被害を受けた。 続きを読む

昭和27年の大雨

昭和27年(1952)7月23日、大雨により、県下の各河川は増水し、交通に支障が生じた。 続きを読む

昭和6年5月の豪雨

昭和6年(1931)5月15日、山陰沖を通った強い低気圧のため、徳島県内では50ミリ~150ミリの短時間豪雨があり、河川は増水し、橋の流出、農作物の被... 続きを読む

昭和6年5月の豪雨

昭和6年(1931)5月15日、山陰沖を通った強い低気圧のため、徳島県内では50ミリ~150ミリの短時間豪雨があり、河川は増水し、橋の流出、農作物の被... 続きを読む