昭和9年9月9日の台風

災害年月日
1934年09月09日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和9年(1934)9月9日早朝、台風が九州北西部を北東進した。雨量は土居で312ミリ、長沢で246ミリ、本山で219ミリを記録した。被害は全潰8戸(うち小学校2校)、浸水400戸、山崩れ1箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、93頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
高知810

よく似た災害

昭和3年8月29日の台風

昭和3年(1928)8月29日、台風が九州東岸を北上した。29日大雨となり、長者で536ミリ、名野川で447ミリ、芳生野で439ミリ、長沢地蔵寺で40... 続きを読む

昭和14年9月の大雨

昭和14年(1939)9月16日、低気圧が四国を通過し、局部的な大雨となった。15日~16日の雨量は穴内で400ミリ、仁井田で358ミリ、後免で304... 続きを読む

昭和16年7月の台風

昭和16年(1941)7月25日、豆台風が豊後水道を北上した。25日の雨量は本川で290ミリ、東津野で275ミリ、地蔵寺で273ミリ、長者で265ミリ... 続きを読む

昭和36年6月の集中豪雨

昭和36年(1961)6月24日夜、佐喜浜を中心に集中豪雨があり、538ミリを記録した。また、24日の雨量は野根で460ミリ、田野で332ミリ、室戸岬... 続きを読む

昭和25年1月の風雨

昭和25年(1950)1月30日、発達した低気圧により、徳島で風は南17.4m、日雨量86ミリを記録した。被害は行方不明2人、家全壊2戸、田畑の流失・... 続きを読む