仁和3年の地震

災害年月日
0887年08月22日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)7月30日、地震により、阿波国の被害はかなりあったようである。三代実録には「申刻地大いに震動す。数刻を経てもなお止まず。東西京の家往々転覆し、圧死する者多し。或いは失神頓死する者あり、亥刻また震うこと3回。夜東西に声あり、雷の如きもの2回。この日五畿内・七道諸国、地大いに震い官舎多く損す。且つ海潮陸に漲ぎり、溺死する者記すべからず。其中摂津最も甚だし。」と記されている。
Googleマップ
参考文献
徳島県警察史編さん委員会編「徳島県警察史」(徳島県警察本部、1965年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
仁和地震 津波 死者 三大実録
NO.
徳島1119

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、地震により、庁舎転倒し、津波あり死傷多し。(「理科年表」による)/本県の記録はないが、次の記事でその規模が分かる。「三代... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、地震により、庁舎転倒し、津波あり死傷多し。(「理科年表」による)/本県の記録はないが、次の記事でその規模が分かる。「三代... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、五畿七道の諸国、地大いに震う。(「大日本地震史料」による) 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、五畿七道の諸国地大いに震う。(「大日本地震史料」による) 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、地震。京阪中心、五畿内七道諸国で大被害。 続きを読む